About


『まばたき写真館』は、写真家 塚田 勇気のフォトギャラリーです。


『まばたき』 

 

心惹かれる全てのものに焦点を当てる

 

そこには、日常と非日常の別も無く、

ただ一人の写真家の視点で切り撮られた、その人生の一部が残るだけであろう

 

わたしはシャッターを切る

 

この人生の一瞬の輝きを逃さぬよう、まばたきをするように―。

 

 



Profile


生年月日 1982年11月14日

出身   京都生まれ、京都育ち

特徴   178.5㎝ 75㎏ 筋肉質 母似

好き   写真、映画、食べること

嫌い   〆切、八方美人

 元々は病棟勤務の看護師。日々、難病を患う人々の看護をしていた。あるとき、生まれてから病院の外に出たこともない子どもを受け持った。せめて、見るだけでも外の世界を見せられないかと、その子に携帯で撮った風景写真を見せたところ、とても喜んでもらえた。そのことで写真に興味を持ち、初めて一眼カメラを購入。

 徐々に「自分の写真を撮ること」に没頭していく。

 1st写真展「あのときのひかり」では、無名ながら300名以上を動員。

 独自の技法を用いたオリジナルプリントも好評を博した。

 また、京都写真美術館の取材を受け、写真展の内容は同写真美術館HPでWebアーカイブされている。

Client works


舞台写真

quiet.quiet

『現代版 卒塔婆小町』

『紙風船』

『贋作紙風船』

『赤色エレジー』

『条例』

『楽屋』

ぶんぶん

『こどもがおとなになるために』

 Portrait

 浅田 麻衣、生駒 怜子、河西 美季、楠 海緒(五十音順)など、演劇人や俳優を撮りながらも、一般からの撮影依頼も受けている。

 照明を当てたスタジオよりも、自然光の下、日常的なフィールドの中で、被写体の素の魅力を引き出すことに長ける。

Exhibition

1st「あのときのひかり」2018.1.08-1.14

(同時代ギャラリー 京都)